D'ownLOD

Introduction

D'ownLODは、Linked Open Data (LOD) のための ラピッドプロトタイピング プラットフォームです。 LOD はオープンデータや Web of Data, セマンティックWeb などの要の技術として期待を浴びていますが、LOD は分野を横断するデータ同士が相互にリンクしていることや,フォーマットが統一していることなどの特徴から,ドメイン横断型アプリケーションのラピッドプロトタイピングに適したデータであるともいえます。D'ownLOD は、ダウンロード可能かつ単体で動作可能な LOD を使った web アプリケーションを容易に実装できる、ラピッドプロトタイピングプラットフォームを提供します。

本研究の一部は,JSPS 科研費24680010 および 15H02781 の助成を受けたものです。


References

D'ownLODに関連する発表です.

  • 的野晃整: D'ownLOD: LODのためのラピッドプロトタイピングプラットフォーム, 人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会資料, SIG-SWO-041-11, (2017) [SIGSWO]


Demo system

申し訳ありません.デモシステムはただいま停止中です.




本システムに関する問い合わせ先:濱崎雅弘 <masahiro.hamasaki [at] aist.go.jp>